ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

船に積まれた備品や設備の
小さな石鹸から洗剤、新型ジャグジー、トイレ設備、
健康食品、化粧品、未来型電灯、パソコン機器等々、
ありとあらゆる生活用品が、日本企業からの無償提供であった。

中には試作品の耐久度テストや、
その他のアンケートに答える前提のものもあったが、
皆楽しんで協力を惜しまなかった。

各国の企業・団体を相手に日本製品の紹介をし、
注文を受け付け、その手数料を稼ぐことができた。
伝統の品もハイテク商品も人気だった。
それらの利益は全て運営費用に充てられ、報告された。

デッキにはたくさんのAIロボット(これらも無償提供)が
配置され、そういった報告を聞いたり、話し相手になったり、
今日のイベント先まで案内したり、
四六時中、危険回避の見回り役などもしてくれていた。

クジラやイルカの大群に遭遇すると、
一斉に彼らが知らせてくれる。

夜、雲一つない天気の星空には言葉を失った。
水平線の直ぐ上から360度の満天の星の海なのだ。
北斗七星や冬のオリオン座も見事だ。

夏は天の川に浮かぶ白鳥座に圧倒され、
織姫星、彦星とまるで絵に描いたように輝いて、
見つめている内に、空想と現実との境目があやふやになって、
何だか気が変になりそうな危うさも感じるのだった。

実はこういう星空の時に、まるで海に吸い込まれるように
船の上から身を投げる人がいるそうだ。

しかし、
ここでは私も周りも、死に急ぐ者は誰もいなかった。




つづく


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |