ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

いよいよ、
これから暮らすマイルームへと進むのだが、
何しろ1,000人もの客が居るのだ。

ガイドさんが一度に案内するのは不可能なので、
50組に分かれて船内をぐるっと回るという、
出発点も50か所からの船内ガイドツアーが始まった。

手荷物を専用のカーゴに預けて手ぶらになると、
急に足取りが軽くなったように感じられ、
長年腰痛持ちだったのに、膝も重かった筈なのに、
不思議と忘れてしまっているのだった。

移動にはエレベーター、エスカレーター、
電動の車椅子や小型電気自動車や動く歩道もあって、
足腰の弱った人にも優しい、至れり尽くせりの環境が
整っている。

デッキにあるプールの他に屋内プールもあった。
ステージ付きのホールは大小含めて20か所もあり、

医務室、保健所、衛生管理室、その他生活に関した部署も
紹介され、娯楽に関するあらゆる設備やスポーツジムや、
カジノや映画館もあった。使用料は全て無料なのだ。

新しい場所に着く度、説明を受ける度に歓声が上がった。
皆子供に還ったように素直に喜んでいた。
心から嬉しいのだろう。目を潤ませている人も少なくなかった。

何れの組も、案内の最後がマイルームになっていた。
緊張しているせいか、疲れは感じないのだが、
最後に自分の部屋が待っていると思うとゾクゾクして、
足取りもさらに軽くなるのだった。

ガイドさんは一組に男女2人が付き、
いずれも40代の働き盛りで、真新しいスーツが初々しく、
緊張感が漂ってはいたが、優しくて誠実さに溢れ、
気持ちの良い滑り出しであった。

今回は第一次募集で、半月後、日本を去る時の
第二次にも新しく1,000名が乗り込んでくる事になっている。




つづく


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |