ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

法の整備は専門家に任せるとして、

どんなカジノが日本にしかないカジノなのかを
楽しく考えてみる。

賭け事・ギャンブル・賭博・鉄火場・・
人により”カジノ”のイメージが違い、

そこに誤解が生まれているのではないか。

映画で見る江戸時代のそれ、
違法賭博のそれ、
何でもかんでも賭けるそれ、
仕事そっちのけで没頭するそれらと

私の頭の中は違っている。

数か国のカジノへ行った経験から、日本に於ては
明るく清潔なギャンブル場を企画運営することは可能だと思う。

先日、池上彰氏がラスベガスで(表だけでなく裏に回って)
取材しているのをテレビで見た。

昔のマフィア絡みのイメージと違って、
近年は家族連れを呼び込む工夫をして成功している。
私のような者が一人で行っても楽しく過ごせる。

その取材で、MGMリゾーツの社長が
「カジノのためにラスベガスに来るのは、観光客の8%だけ」
と答えていたのには驚いた。

日本だって、
”カジノランド”を作れば良いのではないか。

基礎作りから建築、内装全て日本製にこだわり、
そこを”ザ・ニッポンランド”にすれば良い。

ラスベガスのホテルは(全部ではないが)世界の都市を
模しているんだから、
日本ランドは、都道府県のお宿を作ってアピールする。

全てのハード・ソフトを日本の伝統や未来の技術を
披露する博覧会の場にできる。

物作りする人や、未来ある若い人にとっても
とても夢のある企画だと思う。

”雰囲気が大事・雰囲気も売り物”と考えて
店を経営している自分の立場から、

外国人向けなのか、日本人用として分けるのかなど、
そこはまだ検討の余地があり、

大人の社交場として、新しい世界が出来ることを期待している。


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

^^

実はギャンブル好きのワタクシもさすがに。
カジノ=鉄火場のimageしかありませんでした。
言われてみれば公営であれば清潔な・・

・・と書いたところで。あれれ?

天下り先とかドス黒い利権争いとか不正の数々とか。
とくに某東アジア人たちの関与とか思い浮かべて。
清潔で明朗なカジノができそうにない気がしてきました。

日本国は余りにも特殊な環境・地帯にあります。あは^^;)/

waravinoさんへ

こんにちは

waravinoさんお久しぶりです。
コメントありがとうございます。

カジノでは雰囲気は非常に大事だと思います。
マカオで、中国人グループが大声で遊ぶテーブルゲームが
ありましたが近寄りませんでした。

中国人観光客の増えたラスベガスでも、
もしかしたらそのような場所もあったのかもしれませんが、
メインのエリアでは一切見掛けませんでした。

さてどうなるか見守って行こうという心境です。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |