ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「この英会話の目標を掲げましょう。」

その日、始める直前に提案した。
それはTOEICでもなく、英検でもなく・・

「会話ができるようになったら一緒に海外旅行する。」

「・・ママと、ですか・・?」

こう恐る恐る確認するのには訳があり、
ずっと前に彼女が「ママと海外旅行したいな。楽しそう。」と言った際、

ヤダな。そりゃ手が掛かりそうだわ
・・ヤナコッタ。と私は笑いながら答えていたのだった。

「そう。」と顔色を変えずに続ける。

彼女は近い将来海外に行って学びたいことがあり、
その為に卒業してから就職せずにウチの店で働いているのだ。
当然、英会話は必須なのである。

私は彼女には給料面でプラスアルファを今の所支払えない事を
納得してもらっている。
そんな中での提案であった。

「・・空港での手続き、飛行機の中、道その他尋ね方、
バス電車タクシー、ホテル、レストラン、鉄道美術館チケット買い方、
トイレなど必要最低限の会話で良いから(スマホあるし)話せるように
なったらね。

それには費用が要るから・・これから稼がなきゃね。

旅行に必要な分の利益が出るには
年間これだけの売上げが必要だからひと月は約これだけ。
・・・これから毎月の売上金額をあなたに教えます。
行き先はまだこれから考えて置いてね。。」

と話すと、
途中から私の本気度が伝わったのか(笑)真剣な顔つきになっている。

「・・取り敢えず一年が目標だけど、上達が早ければ早くなる。
会話ができるようになるのが先か、利益が出るのが先か。。どう?」

「頑張ります!」

「じゃ、昨日のつづき・・・始めましょう。」


つづく


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |