ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「電車の中に
オヤジがいると嫌だ」

「満員電車は我慢するが
空いてる時は隣の車両に移る」

と、
周囲にはばかりもせず私に話す
28才の女。

・・・どんだけ?
自分中心?・・バカなの?

聞き流す事のできないアホな私は、

「向こうだってアナタのこと嫌なんじゃない?(笑)
我慢してるかもしれないじゃない?(笑)」

「・・・」

「そんなにイヤなら電車やめてタクシーにすれば?
ああ、オヤジの運転手と二人っきりになるわね。
じゃ好みの運転手を雇うか自分で毎日運転する。。
一番良いのはヘリコプターかしらね(笑)」

「・・・」

「いくらかかる?」

「ムリです」

「たったの数百円で時間通り安全に1時間も運んでくれて、
駐車場の心配もしなくて良いし、ヘリポートだって
限られた場所にしかないわよ。個人で用意する?
イヤなのは皆お互い様でしょう?」

「そうか、、わかりました(笑)」
と意外にあっさり素直な顔を見せる。

一か月後、
「もう誰が乗ってても全然気にならなくなりました。」と報告。

子供可愛さのあまり親が過保護なのかと思ったが、

「いつも母は父の愚痴を言っている」
とのこと。

母娘でよく近場に旅行するらしいので
仲が良いのねと言うと、
母の友達と三人で行くのだと言う。

「よく話が合うわね」と言うと、
「二人がずっと話していて私は横にいるだけです。
その方が楽だから良いんです。」

だそうだ。

父親の愚痴やら悪口を話す隣りで、
否定も肯定もせず聞くとは無しに聞き続ける娘・・

それで単純に父親やその世代を嫌い、
ニオイだ何だは後付けだったんだろうな・・


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |