ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ルノワール展とポンペイの壁画展を見に
六本木へ行った。

いつも混んでる国立新美術館には何回か来ていたが、
六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーへは
今回初めて行った。

チケット売り場から案内されるまま満員のエレベーターに乗る。
「連休中はどこも混んでいるな」と思いながら52階まで一気に昇った。

降りてみれば、ほとんどの人が同じ階の「セーラームーン展」の入口へと
吸い込まれて行き、古代ポンペイに興味あるのは私ただ一人。

展示室の中は誠に静かでくつろぎの空間だった。

で、
実は展覧会に行く前に、
昔よく行ったゲイバーがまだあるかどうか気になって、訪ねてみた。

三階建のそのビルは、当時その辺りでは一番古いビルだったが、
なんと今も古い姿そのままに健在だった。

すっかり整備されてしまった周りの街並みに
負けず劣らず君臨するかのようでもあり、

看板もエレベーターもリニューアルされておらず、
嬉しいと同時に懐かしさが込み上げる。

が…、看板の何処にもその名前は見つからなかった。
空白になっていた。

そこで帰る気になれず、エレベーターで行ってみた。
夜しか営業していないビルの、それも古ぼけたエレベーターに乗るのは、
少し勇気が要った。

そして…やっぱりお店はもう無かった。

不動の地位を確立していたかのようなクラブだった。
愉快で刺激があって、何回通ったことだろう。
行くといつも誰かしら有名人の顔があった。

ここが無くなるなんて…ホントに不景気なんだな…

表通りに出ると、
都会の中に不釣り合いの鯉のぼりがそよいでいた。

013.jpg

過去と現在とが侘しく融合しているように映り、

現実は、こういうこともアリなんだねと
教えられたような…


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |