FC2ブログ

ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前向きに生きるのが
正しい事と分かっていても、

それができなくなることが
人にはあるのだろうな・・

心身ともに健康な時は想像が付かなくとも
体の自由が利かなくなる病気や年齢になれば、

誰もがきっと、前向きに生きるのが困難になってくる。

そういう心情になった時、自分らしいまま死を迎えたいと思い詰め、それならば体の動く内に自死を選ぶのも、仕方がないのではないかと思う。

そうは言っても、突然の(相談したら止められるから、結局一人悩む)自殺は、どんな方法でも悲惨だ。
しかし、今は自殺しか取る方法がないのだ。

尊厳死を認めようとする事を残酷だと決め付けないで欲しい。
自然死もままならない、栄養を与えられ生かされ続けることができてしまう時代なのだ。

だから、冷静に
選択肢として、尊厳死の法整備が必要だと思う。病院や自宅で、法の下、本人の希望通りに安らかに人生を終わらせることができたら最良ではないか。。


N氏の訃報に接し、この人でさえ、原始的で惨めな終わり方しか選べなかったというのが悲しい。
絶望してではなく、せめて(前向きに)人生のけじめを付けたかったのだと思いたい。


昔、何度かお会いしたことがあった。一度は娘さんとご一緒だった。

合掌



にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。