FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美人がモテなくなったという訳ではない。

いつの時代も人気のある子は、

よく笑い、よく話を聞き、面白い冗談が言えて、
清潔で若々しいなどという特長があり、

少し位物を知らなくても、新聞を読まなくても
多少顔形に問題があろうが
好かれるのである。

そんなに皆が皆、政治や社会問題や文学、映画や
あらゆるスポーツの話題に長けているなんて事はない。

今やそんな者は私の周りにはいない。
昔だって一握りだったと思う。
そしてお客様の要求も変わって来たのだ。

しかし、

話をしても反応が鈍く、分かっているのかいないのか、
話をふくらまそうともせず興味も持たず、
愛想笑いをして時をやり過ごす…

あれれ?こんな態度でも
…良いのか…と、
最近気が付いたのである。

お客様の眼差しから…気付かされた。

彼女らの特徴として、
大人しい、目立たない、野暮ったい、細い、無防備、笑えば明るい印象になる、
といったものが挙げられる。

最近話題の隠れて出て来ない無責任なOさんも
こんな感じに見える。

なるほど…そうだったのか。

今までの面接では敬遠して来たタイプだ。
素直に自分を出さないように私には見えた。

暖簾に腕押し、糠に釘、、こんなタイプのどこが良いの?
イライラさせるわと同性の私は思ってしまうが、

実は異性にとっては安心するタイプなのだなと、今は思える。

ナンにも逆らわず笑顔を見せるだけ。ホッとするのだろう。

改めて
昔の、景気の良い元気な時代は、
男は自信があって威勢が良かったし、狩人だったんだなと

懐かしく思う今日この頃。。



3 31 1 1
あれから一週間


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タモリ司会のお昼の番組が32年間で終了した。
夜は3時間超の生放送もあった。

私はこの二年程、録画して観るようになっていた。
毎回違うゲストが出す100人アンケートというのを知って、
そこだけチェックしたくて録画したのだ。

その当時はまだ100人分の一人を当てる問題を
ゲストが作って出すというもので、すごく興味を持った。

問題でゲストの人柄が出る事、今の活動的な女性たちの正直な意向が
計れる事、自分の考えとの相違を確かめられる事、結果の意外性、
結果による正直なゲストやタモリの姿、
それらが短い時間で表れる事など、

テレビでなければ出来ない事の一つだと思う。

その内100分のX人に変化したが、これはこれで面白かった。

録画し始めた頃、タモリが随分老けたなあと思った。
もうそろそろ無理があるんじゃないのかと思えたほどだ。

が、

そもそもこの番組を観て来なかったのは、
そのタモリが嫌いだったからだ。

いみじくも最後の言葉の中で、
自分の姿や性質に触れていたが、全く同じ感想を持っていた。

名古屋をみゃあみゃあとバカにした事もあったが、
それは自分が福岡出身で、
名古屋だって地方なのに格上という事に嫉妬して
言っているんだな(売れてなければ言ってないと思う)
と私は思っていたし、

その影響力は計り知れなく、未だに名古屋はそういう風に言われる。

本当に嫌なやつ(本人の弁)だったのだ。

しかし、
そういう性質でも、この人には「恥」があったためか受け入れられた。

始まった当時そんなあくの強い人に、しばらくすると慣れてしまっている自分を感じ、
テレビというものは「観ている内にどんな人でも慣らしてしまう」んだなあと思った。

面白いコーナーもあったが、タモリなくしては成り立たないと
思うものばかりだし、彼もそんな内容にピッタリ嵌る司会者だった。

終わりがあるというのは、
マンネリに陥ったものを救う。
終わるから名残り惜しいのだ。

いつかどこかの薄暗いバーで、ぼそぼそっと
話してみたいと思わせる人だ。。


私も何かにつけて、これが終わるとしたら…と
想像力を膨らまし、

本当に終わる時に後悔しない様にして行こう。


それで、いいかな?




3 31 10
こぶし・の花





にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。