FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月24日のブログ「銀座の夜」の追記(右下の手・Read Moreをクリック)に、

ブログを読んで下さる方への返事としても書きましたが、

ホステスとしての規律のようなものがございます。


例えば、いらっしゃいませと言いながら席におじゃまする際に、

お客様かママから指示があるまでは、勝手にお客様の隣に座らせない様に

しております。テーブルのこちら側に先ずは着くのでございます。

最後までそのままの場合もありますし、しばらくしてから隣におじゃまする事も

あるのでございます。


この世界に入って来る女性達は、ひと昔前と違い、

気軽なアルバイトの一つとして選択できるようになりました。


本来は、きちんとした身なりと、行儀や言葉遣いや教養などが

それなりに求められるのでございますが、入口が変化したせいで、

様々な女性達が入って来られる事になり、中には親の躾が為されていない

のではないかと思われる女性も、多々見受けられるのでございます。

それは年齢には関係ないのでございます。


それを一から教えて行く訳でございますが、

世の中には色々な種類の人間がいるのだなぁと感じ、

何ら責任を感じることなく向上心がなくとも、周りに頼って

生かされている人もいるのだなぁなどと気付かされて、

学びの日々となっているのでございます。


しかし、理解し見る見るうちに態度が変わり、活き活きと働く者も

おりますから、それはそれで喜びなのでございます。


今私の店で働いている者たちは、顧客を持っていない

「ママの手伝い」でございますが、

私の方が手伝いをしているのじゃないかいな?

と思う日もあるのでございます。


9 28 3



本日もご来店頂きまして誠にありがとうございました。


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
男性が、お付き合いする女性を求めて飲みに行くのが主たる目的ならば、

店側もそのように雰囲気を作り、ホステス達にもその旨言い渡しが行われて

いるかと存じます。

しかし、

そうではない、ここで書き込んでいるように、お客様同士の接待の一つとして

楽しく安全に、会話を楽しみながらアルコールをたしなむ事が主たる目的の

お客様達も大勢いらっしゃるのでございます。

それは、

先に触れたような店とは一線を画したクラブである、と言えるのでございます。

だから、色々とホステスには厳しいと思える躾が必要となって来るので

ございます。

私共女性の目では計り知れない男性の目には、異性としての女性を、

女の部分だけでなく、別の特質を持っているものだと(勘違いも含む?)

映っていると思うのでございます。

お客様が、仕事関係の男性と話すのは緊張感が伴いますが、そこにクッションとして

気配りのある橋渡しが出来、礼儀をわきまえた女性が場を和ませることが

出来たならば、

私共は初めて要り様になるのではないかと考えているのでございます。


改めて私共の役割は、アルコールはもとより、雰囲気(空気)を作って

提供していると言えるのではないかと存じます。

ホステスは、会話が上手であるに越した事はございませんが、

それよりも重要なのは、聞き上手であるということでございます。

これは言うほど簡単ではないのでございます。

また、

主人公はどのお客様なのか、時によって変化する場合もあるのでございますから、

決して間違えない様に、その方を一番に置いて考えなければならないと、

私からは女性達にいつも事前に言い聞かせて理解してもらい、

実行できる所まで教育しなければならないのでございます。


一度言えば悟る者、再度言っても出来ぬ者、しばしば間違える者、

反省しながら数年経つ者と、、これがなかなか(@_@;)

最近は体に堪えるのでございます。


9 29 1


本日もご来店頂きまして誠にありがとうございました。


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。