FC2ブログ

ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年マカオに旅をした。

ロンドンに行き来した際のマイレージが貯まり、早く使わないと無効になるからである。

マカオの情緒を訪ねたのではない。カジノに行ってみたかった。

ラスベガスに行った事があるが、マカオが収益でラスベガスを抜いたと耳にしたので、

興味を持った。遠いラスベガスでなくてもマカオを気に入れば、ちょくちょく(2年に1回)

行ける距離だから、先ずは確かめてみようと試みた。


で、行って来た。香港からターボジェットという高速船に乗り、約一時間で到着した。

カジノは、小奇麗なグランドリスボア、広く高級感溢れるウィン、巨大なベネチアンを回って

主にスロットをした。ルーレットが少なかった。代わりに中国人が好きなのだろう、

「大小」というテーブルゲームが大流行りだった。

元々博才はないので、あらかじめ予算を決めておいて、全部使い切るのがわたしのスタイル(仕方なく)だ。

たいそうなホテル群が目を引くのだが、やはり本場には負ける感じだ。

ホテルウィンの噴水は工事中で見れなかったが、ラスベガスのホテルベラージオと比べてはいけない。

それより何より驚いたことがあった。大勢の売春婦たちをまとめて目にしたことだ。

男なら見たり聞いたりする機会もあることだろうが、女の私は小説や映画などでしか知らない。

他には、オランダの「飾り窓の女」とか、別室にひな壇のように並んだ女たちを、マジックミラーの

こちらから品定めする、といった情報が耳に入る程度の知識であり、

多くの女性は、一生知らずに終わる世界である。

ところが、私がホテル内で迷って地下に行ったところ、大勢の女たちが双方向に

歩き回っていたのが目に飛び込んできた。

瞬間、ギョッとしたのが、正直な気持ちだ。

そこは非常に明るく、内側が壁で、円形の狭い通路になっている。片側には土産物屋が並んでいる。

逃げ場はない。

さっき階段を下りた時、廊下の壁に大きな水槽が埋め込まれており、立派な熱帯魚が回遊していたが、

誰も見物していなかった。

彼女たちの服装は、全員形だけが統一されている、肩ひものないカラフルなドレス(超ミニ、体形バッチリ)で、

スタイルに問題のある人は一人もいない。年のころは20代から30代だろうか、若い。

廊下が曲線のため、見通しが良い訳ではなく、返ってそれが次々と現れる感を演出している。

いくら腹の据わっているわたしでも、その異様な光景に圧倒され、少々慌てた。

上りの階段をソッコー見つけると、最後に目にしたのは、土産物屋の店先の椅子に斜めに

(身の半分は土産物にも興味あるよ的に)座り、じーっと目をそらさず選んでいるオッサンたちであった。。

彼女たちは、「回遊魚」と呼ばれているらしい。



にほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へ
にほんブログ村



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。