FC2ブログ

ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今は全くゴルフはやらないが、

以前はちょくちょく
練習場にも出掛けたし、

コースもお客様の後にくっ付いて行ったり、
友達と旅行がてら出掛けて行ったこともある。

中々のエピソードに事欠かなかったことに気が付いたので、
思い出の中から書き出してみよう。



以前住んでいた近くに打ちっ放しの練習場があって、
自転車に乗ってよく行った。

充分練習してからコースに出るものだと知ったので、
レッスンプロに付いて基本を学んでいた時期があった。

練習が必要だと知ったのは、
その前に
いきなりコースに出た(出された)ことが私のゴルフ初体験で、

その際、
右も左もワケも分からず、
お店のお姉さんに頼まれるままに、(一緒に行く人がいなかったんだろう)

ゴルフウェアとよく使うゴルフクラブ数本を急遽前日に揃え、(あちら持ち)

翌早朝、顔見知りのお客様の運転する白いキャデラックに
二人でピックアップされて、千葉のカントリークラブに着いたのだった。

朝早いのがシンドかったが、
そのお姉さんはとても優しい人で、こういう人が困っているなら、
そして向こうが費用全てを支払ってくれるなら、

私で間に合うのなら、、ま、人助けだと思って参加してやるかぐらいの
気持ちだった。

が、
それまで一度もクラブを振ったことがないのに、
…無茶な…できるワケがなかった。

それに、
ゴルフをやりたいという思いの欠片もなかったのである。
考えてみれば、そんなケースも全国的に珍しいのではなかろうか。。

忘れられない第一打。記念すべき第一打。(ジャ~ン)

教えられるままにそこから(知らなかったがバックティーだ、そこは)
スイングした。

大きな力が入った。雄大なフォームだ。そのつもりだ。

朝が早くて、まだトイレを済ませていなかったせいで、
ボールにクラブが当たったと同時に(!)…。ガスが出た。

誰にも聞こえなかった…と思いたかったが、
ゴルフ場って山の中で、ホントにしぃ~んとしている所なのね。

…でも大人の三人は、
何食わぬ顔をしていた。

今のナニ?とか聞いてくれた方が
気が楽になったような気もしないではなかったが。。仕方ない。

それが私の初スイングだった…。(トホホ)

後の事はあまり覚えていないが、
何回も「ハイオッケー!」と言われて、

カップに入る音(カンという気持ちの良い音)はほとんど聞かず終いだった。

そりゃそうだ。私のボールが入るまでなんて待てん。

だから、
私は打ちっ放し練習場に
通うことにした。


つづく




1 12 5
日本橋三越にて(ゴミっぽく写ってますが実際は異なります)



にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ゴルフコースは様々あって、
平坦な所ばかりでなく、

河川敷のコースでは
途中で狭い川を船で渡ったり、

アップダウンが激しくて、目指すグリーンが目の前に迫る丘で見えず、
想像して打つ(転がす)しかないコースや、

切り立った崖の、海を越えて打つように作られたコースや、
谷に向かって打ち下ろしたりと、

それぞれの自然の形状を活かした設計がおもしろかったが、
景色を楽しみながらプレイする余裕が、この私にあるわけがないのだった。

上手くなりたくて練習に通っていたというより、
一緒に回る上手な人達に迷惑を掛けない程度になろうとしていた。

コースに出る日が近づけば、それなりに続けて通ったりもする。

ある時、打ちっ放しの順番を待っていると、
地上階(二階と三階もある)の一番端っこから二番目が空いた。

地上階の真ん中辺りが一番良いと聞いているのだが、
まあ私の場合はどこでもあまり変わらない。

ただ、端から二番目ということは、
一番端っこは左利き専用ボックスになっていて、
つまりは向かい合ってやることになるのだった。

仕方ないな…。
翌日は勤めている学校で年に一度の創立記念日ゴルフコンペである。

覚悟を決めて、
既に練習中のその左利きのオジさんと目が合わないようにして準備を始めた。

私のフォームを見れば直ぐに初心者と分かる筈なので、
きっと何か言われるんだろうなと…それも覚悟していた。

あれ…?
知ってる人なのか?
どうやらそのオジさんは近所に住む、顔だけ見たことのある人

…のようだった。



つづく



1 12 6
日本橋三越(100年間ここにいるライオン像は
ロンドン・トラファルガー広場にあるものを参考にイギリスで注文したとのこと)



にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。