FC2ブログ

ようこそ!


検索フォーム


FC2ブログランキング


最新コメント


最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男が別れてくれないと悩んでいる志保美34才。

一緒に暮らして3年以上経った。


「出てけば良いんじゃないの?」

賃貸マンションなのだし、何か不都合でもあるのか?

「でも、ちゃんと話し合って別れたいんです。」

だが、男が話に乗らないのだと言う。

はぐらかし、寝たふりをして逃げてしまうのだ。


もう嫌になって、ただ一緒に暮らしている関係が一年以上

続いているのだそう。


男はアトピー性皮膚炎で、彼の肌からこぼれ落ちたカスが

クイックルで掃除の際、大量に集まったものを目にする度、

ウンザリしているのだと嘆く。

まあ嫌いになればそういうものだろうな。


夜は彼女の方が逃げ回っているとの事。

「出張してくれるとホッとするんです。」と笑う。

ただホッとするだけではない、羽を伸ばして遊ぶのだと言う。

「年下が好みなんですけど、誰かいませんかね。」(知らん)


ある時、

彼がマンションを引っ越そうと言い出した。

それは願ってもないチャンスではないか。

「この機会を逃す手はない。今でしょ!」と

家出を促したのだが、

「ええ…。」と言いつつ沈んで行く志保美。

「どうしたの?何か不都合でもあるの?」

「・・・」

「新しい所に貴女も付いて行けば、彼にこの先も一緒に居たいんだなと

思わせてしまう。そんなの嫌なんでしょう?」

答えはなかった。

(ナ、ナンナン?)



つづく


にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
私に言えない事情もあるのだろうと、

それ以上は何も聞かなかった。

ただ、

別れたい、どうしたら良いのかと聞くから、彼女の身になって

答えているだけだったのだが。


ある時、

引っ越し準備も順調に進んでいるらしい頃、彼らの共通の知人が

目の前に現れた。もう3、4年来の付き合いだと言うその人は

ある大学の准教授だった。


准教授は心配して聞く。

「まだ別れられないのか?」と…。

どうやら一緒に暮らす前から彼女は「別れたかった」ようで、

通算4年ほど別れられないでいることが判明したのだった。

4年て…


否定もせず、うつむき加減の志保美の横顔は、

長いつけまつ毛の効果も手伝って、

楚々として、余計にか細く見えるのだった。

ついでにカラコンの憂いを帯びた瞳も、寂しさに輪を掛けているようだった。


4年て…

その事実に呆れはしたが、しかし思い当たるフシがないでもなかった。



つづく

にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。